スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meet Old Coaches

Charlotte→Washington、そしてDallas。

1115bn【Mavericks 95-90 Pistons】(ハイライト)
誰かが仕掛けたことではないと思うけれど、Bobcats, Wizards, Mavsとの3連戦は、Pistonsの元HCの指揮するチームとの対戦でした。
正直なところ、Mavsに勝てるとは思っていなかったけれど、勝たせたかったなぁ。。。ちょっと残念。

Little Benは、この日のFGが1-16とキャリアロウの不本意な出来。その分を、StuckeyとWillが補っていた。あんまり好ましくはないけれど、それでも2人はよく頑張ったよね。

残り5.7秒、90-93のところで、Kuester HCはBGのためにデザインしたのだ。
ハイライトにもあるように、ちょっと無理な体勢からのスリーはゴールをかすめることもなく・・・the end。
それまで15本中1本しかシュートを決められなかったBGに、なんで最後託すかなぁっていう意見は当然ながらあって、記者からも同様の質問がHCに対してなされたようでした。
そこでKuester HCはこう答えました。
"Are you kidding me? I wanted him to have the last shot. I have the utmost respect and confidence in Ben Gordon."
どんなにそれまでの内容が悪かろうと、自分が最高にリスペクトをし、自信をもっているBenに最後のショットを打たせたかった。
そんなHCのコメントは、個人的にグッとくるものがありました。
きっとBenだって、このコメントは嬉しかったに違いないと思う。
今のPistonsのゲームって、ガードがガンガンone-on-oneで仕掛けて終了、という、それはもう見ていてもあまり面白いものではない。それは事実だ。だけど、キャプテン2人がいない中、なんとか勝とうとする気持ちは感じられる。Big BenはLittle Benが言っていた様に、「ホームと思うことの出来る場所=Detroit」でRingを獲った時の輝きを取り戻している。それはChicagoでもClevelandでもなかったのだ。彼のプレーにHeart & Soulを感じて、Palaceが盛り上がる、そんな雰囲気が戻ってきた。うまく言えないけれど、今のチームを受け入れているような自分に気がつく。
ハイライトで、Ripがもうすぐ戻ってくるって言ってたけれど、本当だといいな。私はRipのゲームが好きだし、彼がサイドラインの端から端までを走り回るのを見たい。Rip、待ってるよ~!!!

Sweden人として初めてのNBAプレーヤーとなったルーキーのJonasに、試合終了後、お客様がやってきたそうだ。 その人は、Detroitが愛するNHLプレーヤー、Red WingsのキャプテンNicklas LidstromとWingのHenrik Zetterberg(記事)。2人ともSwedenを代表するプレーヤー。来年のオリンピックでは、ホッケーはSwedenを応援することになってます(聞いてない)。
そして、Jonasは憧れだったプレーヤーであるDirkと対戦することが出来た。
勝つことが出来ればよかったんだけどねぇ。。。 でも、Jonasにとってはちょっといい日になったかもしれないね。

Comment

自己紹介

書かせてもらいます。

僕は03-04シーズンからNBAを真剣に見るようになりました。
ピストンズファンになったきっかけはベンです。一目惚れに近いような感じだった気がします。

アフロヘアーに素晴らしい筋肉と跳躍力!リバウンドやブロックに対する執着心は鳥肌モンでした!

人は自分にないものを持っている人に魅力を感じるって聞いた事があります。

僕は高校までバスケをやってましたが正直DFは手抜きが多かったです…
それもベンのファンになった理由の一つですね。

ありがとうございます

マコさん☆

ご丁寧に自己紹介を書いていただいてありがとうございました。
そうですか、きっかけはBenだったのですね。
私のきっかけは2004年のリングを獲った時のPistonsであり、Chaunceyでした。
なので、次のシーズンの開幕戦はPalaceにかけつけました。リングの授与式を見に。

Big Benの魅力は、やはりDetroitでこそ、より発揮されるのではないかというのが個人的な感想です。
Ben Gordonがコメントしていたように、Benが心地よくプレーできるところがDetroitなんでしょうね。
CavsでのBenを見た時、なんだか存在感がなくって・・・ こんなに小さかったっけ?みたいな。
いずれにしても、彼のプレーが戻ってきたことは喜ばしいですね。

そうですね

DET以外のベンは見たくなかったです。
ブルズ時代はともかくキャブスにトレードされてからは特に複雑な心境でした…

嫌いなチーム(キャブスファンはゴメン)+DET時代の面影も消え、髪も短くしてしまい萎えました。
そして時代は変わったんだなぁと思いましたね…。

それだけに引退濃厚の今オフのDET復帰は嬉しかったです。

この2年くらいは体力的な問題よりも精神的な問題が影響してたと思うんんです。
言葉悪いですが、給料泥棒みたいな言われ方もしてただろうし…。

でも全盛期を過ごしたチームに優勝時のACと共に帰ってきた事、プレッシャーにならないサラリーになった事で精神的に落ち着いたんだと思います。
今でもベンは30分PT貰えれば10R2Bくらいは出来るだろうと思ってます。


そして彼の
『ラストダンス』を目に焼き付けたいと思ってます!

長文になりましたが、れいさんが好きなPORやDENなどは僕も応援してるので今後もヨロシクお願いします!

似てるかも♪

マコさん☆

私もCavsに行った時はすごーくやだなぁと思いました。できれば行って欲しくなかったんですよね。
まだBullsなら許せても。

それがSunsに移され、バイアウトされ、どういうわけかまたPistonsでのプレーの可能性が見えたとき、ひょっとしたら彼はPistonsで自分のキャリアを終わらせるつもりかも・・・と思いました。

> この2年くらいは体力的な問題よりも精神的な問題が影響してたと思うんです。
> 言葉悪いですが、給料泥棒みたいな言われ方もしてただろうし…。
なるほど。これは確かに当たっているでしょうね。
自分が不満に思っていたPTの問題も、結局Bullsに行ったところで解決しませんでしたしね。
Benってあーみえても、すごく繊細だと思うんですよ。
それが、Pistonsに来て、Co-Captainを任されて、若いプレーヤーからも尊敬され、そして以前の彼が蘇る。
とても嬉しいことですね。
Ben GordonはきっとBig Benの苦労を見てきたのかなぁという感じもしました。
ひょっとしたら、Pistonsも今シーズンで最後になっちゃうかもしれませんもんね。
思う存分、コート上で暴れて欲しいものです。

> 長文になりましたが、れいさんが好きなPORやDENなどは僕も応援してるので今後もヨロシクお願いします!
ほんとですか!DENのファンは昔から多いですが、PORのファンはまだまだマイナーですからねぇ。
こちらこそよろしくお願いします♪

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。