スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Celtics vs. Cavs: Game 4

"That's cool. The MVP is over with, but the fans were great."
      — Rajon Rondo, on hearing an "MVP" chant from the Garden crowd in the fourth quarter.
「もう最高さ。MVPはもう決まったけど、(ウチの)ファンは素晴らしかったね♪」
      — 4th QtrにGardenの観客が「MVP」と大合唱をしたのを聞いたときのRajon Rondoのコメント

0509ta_rr【Cavs 87-97 Celtics】(ハイライト)
この試合、出だしはCavsの7-0のランで始まった。Liveで観ていたら、きっとGame 3とおんなじパターンかと思っていたに違いない。でも、ひとつのプレーがCelticsに流れを持ってきた。
LBJがドリブルで運ぶところをRajonが背後からスティールしかけたプレー。はじいたボールはエンドラインを割ってしまったけれど、あのプレーは光った。解説のJVGは「Give Tommy point!」とコメントした。なかなかJVGはツボがわかってるなぁと感心。「Tommy point」というのは、Celticsの試合をいつも中継する地元局Comcast Sports Networkの名コメンテイターTommy Heinsohnさんの決まり文句で、彼が試合中で一番よい!と思ったプレーに添えられる。それをJVGをちゃんとわかっている上で、Rajonのプレーを褒めるために「Tommy point!」と言ってくれたのだ。これはCelticsファンにとってはナイスコメントと言えるんじゃないかと。私からのTommy pointは、リバウンドがエンドラインを切りそうになったところをRajonが追いかけ、キャッチして、空中で振り向きざまにモップ頭に当ててマイボールにしたプレー。あれは、最高に気持ちよかった♪
Rajonは29-18-13のTriple-doubleを達成。この数字の上をいくのは、Oscar Robertsonが1963年に記録した、32-19-13と1967年のWilt Chamberlainによる29-36-13しかないそうです。

この試合で一番素晴らしかったRajonのアシストのシーンをどうぞ♪

0509ppJVGがRayがファウルアウトしたとき、いいこと言ってました。「Rayが20本以上シュートを打ったことはよかった。FG%はよくなかったとしても、この先を見据えるとRay自身、シュート機会を持つことがとても重要な意味を持つ。」っぽかったかな。Rayのようなシューターには、シュートチャンスを得ることこそが、先々の試合で点を入れることにつながるからと言ってくれた様に聞こえました♪(って贔屓目?!)
0509ray

Rayは確かにFG%はよくなかったけれど、LBJへのディフェンスは最高でしたね。TonyのLBJへのマッチアップもよかった。
RasheedとPerkも随所にいいディフェンスしてたし。ANIKIの数字には表れない、チームメイトへの献身的なプレーは観ていてじーんとくるものがありました。
やはりCelticsはディフェンスありき、チームプレーありきのチームなんだと思う。それが出来たときのCelticsのバスケットが私は大好きだ。今日のRajonは素晴らしかったので、次の試合ではこの2人に目立ってもらいたいですね、Ray and Paul☆

Comment

Tommy Point!

ロンドのボールに対する嗅覚はヤバいですね、確かTommy Point!って顔が出てきて「ここだ!」ってな感じでワンシーンを紹介するんですよね、分かってるなあ~ジェフ!、


さて、第5戦ですが早くもLBJがロンドにマッチアップするなんて話題が持ち上がってますよね、こうなると俄然レイ様&PPのステップアップに期待!じゃあないと勝てないですしね~、


記事に書かれてるモップ頭へのボール当て、これは多分昨季RSでレイ様がモップの股間を狙ったヒジ打ちと一緒で良い所狙いましたよね(笑)、モップのあのリアクションを見てつい笑ってしまいました、「いや~ん」って感じ???

しかし

Varejao嫌われとるな(笑。似たようなヒールのレスラーがいるのでつい思い浮かべてしまう。

さて。
RondoのAS、素晴らしいけどこれはこれで王様の脅威でもあるんだろうなと思ったり。
普通に独走しても楽に打たせてくれない感覚は嫌でしょうね。
Rondoはよくわかってたけど諦めない姿勢は立派なんだよな王様。
措定上にRondoはビッグ3をすでに従えるかのような数字を残してますがね。
どこまで成長するんだろ、彼は。

そうです!

tkさん☆

> 「ここだ!」ってな感じでワンシーンを紹介するんですよね、分かってるなあ~ジェフ!
tkさんの説明の方が的を得てますね!
一番いいプレーというよりも、「ここだ!」的なプレーですね。
あー、なんだかとってもすっきりした。自分で書いていて、いまひとつはっきりしないなぁって思っていたんです。ありがとうございました。

> LBJがロンドにマッチアップ
ねー、本当にそうなっちゃうんですかね。
だとすると、AnthonyはPaulにつくってことになるんでしょうか。
おそらくRayにはMoだろうし…
とにかく、おにーさんたちが爆発しない限りは、どうにもこうにもならないでしょうね。
なので、ひそかーに(?!)彼らの活躍を祈ることにします。

それよりも、CelticsはまずDefense、ですね。
これがしっかりすれば、チャンスはあると思っています。

そりゃーもー

なぎさん☆

Flopはいけませんよ、Flopは。。。
だから苦手なんですよね、モップ。もとから髪型が好みではないだけに…

> RondoのAS、素晴らしいけどこれはこれで王様の脅威でもあるんだろうなと思ったり。
Rajonはこれまで散々LBJにはたかれてましたからねぇ。
Tonyがちゃんとついてくれていたのが、ある意味Rajonへのアシストだったプレーじゃないかと思います。

> Rondoはよくわかってたけど諦めない姿勢は立派なんだよな王様。
はい、それは認めます。Rayもしっかりブロックされてましたしねぇ。。。

> Rondo
なぎさんが目をかけて下さっていたRajonは、こんなに成長しましたよ。
Nashみたいになれるといいなぁ。スリーがない分は、ディフェンスでカバーします♪
今や、Rajonがいないと困るのが実情です。
KGをWolvesから引っ張ってくるときに、Rajonを手放すのをAingeが拒んだのがアタリでしたね。
次の試合は、アシスト量産で行って欲しいと思います。本人もそのつもりではないかと。

この日から連休明け初日だったんですが、おかげで一日笑顔がとまりませんでした♪

>やはりCelticsはディフェンスありき、チームプレーありきのチームなんだと思う。
>それが出来たときのCelticsのバスケットが私は大好きだ
なんか久しぶりにこういう試合をみれて何か泣きそうになりました(笑)
Rajonの活躍はもちろんなんですが、皆色んなところで貢献してくれました。
そして皆がそれを理解している。ほんと良い試合を見せて貰いました☆
good players can win against a great player.

Rajon、ほんと色んな意味で成長しましたね~頼もしい限りです♪彼にとって本当の試練は兄さんsが去ってからくるのかなぁと思ってますが、どういう風に成長していくのか、が本当に楽しみです。
願わくは、多少形は変わってもいいから今のコアメンバーでの試合をもう少し観ていたいです☆

kaoruさん☆

お休み中は、NBA三昧で満喫されたようですね!
加えて、連休明け初日に、Celticsが勝利すると、自然と仕事するのも嫌じゃなくなる?!(笑)

Game 5を見終えたのですが、書くところまで起きていることができませんでしたので、それは今日、うちに帰ってからやろうと思っています。

> なんか久しぶりにこういう試合をみれて何か泣きそうになりました(笑)
この感覚、すごくよくわかりました。4th Qtrなんて、そういうシーン、時間帯がちりばめられていたと思います。
おっしゃるように、Rajonの数字が際立っていましたが、それだけではなくって、誰もが自分の役割をしっかり認識し、それを実戦で実行していたって感じがしましたよね。
やはりチームでプレーできれば、Celticsはいい戦いができる、改めてそう思いました。
そういうところが好きなんですよね♪
まさに「good players can win against a great player.」です。

3年近く前、RayとKGがやってきて、その後始まったシーズンでは、RajonとPerkのPTは今ほどではなく、Rajonは4th Qtrにコートにいる時間っていうのもかなり制限されていましたけれど、今では、criticalな時間帯はもちろんのこと、フルで出ることの方が多いですもんね。
彼も、色々と影で努力したでしょうね。
早い時間に練習に出てくるRayを捕まえるべく、自分もその時間に合わせてRayからアドバイスを受けたり、Docをはじめコーチ陣の信頼を得るために沢山話し合った上でプレーに反映させたり・・・
Paulたちがいなくなった後は、どうなっちゃうんだろうかって心配していましたけれど、そこでまたRajonのリーダーシップが発揮され、別の意味で成長してくれるんでしょうね。

> 願わくは、多少形は変わってもいいから今のコアメンバーでの試合をもう少し観ていたいです☆
そうですね。私はPoseyとEddieが帰ってきてくれればいいなぁって思っています。
もちろん、RayとTAはキープで!

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。