スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Finals: Game 4

“All I’m thinking about is, ‘Let’s win’. I’m not thinking about anything else.”--- Glen “Big Baby” Davis



06104thqtr【Lakers 89-96 Celtics】(ハイライト)
勝ったぁ~!それも、すごくいい形で勝てた。
Doc、Good job!です。
4th Qtrはどのプレーを観ても、いちいち感動して、気がついたら涙してました。
Ray, Nate, Tony, BabyそしてSheedアニキの5人。みんなでボールを回して、誰もが得点につながるようなプレーをして、Lakersにつけ入る隙を与えなかった。
Docは、スターターの4人に、1分くらいで入れるように準備しておくように、そんなに長く座っていることにはならないだろうから、と告げていたそうです。だけど、64-64のタイから7-0のラン。Docはスターターの選手達が、どうしてベンチにいるままなのか疑問に思っていたとは思えないと振り返っていました。0610bench何故なら、Rajonや他のスターターの選手達こそが「コートにいる奴等をベンチに下げないで欲しい!」と頼んできたからなんだそうです。そしてDocはこう続けていました、「ベンチを見てきた中で、彼らが一番騒がしかったよ。それは、ベンチから声援をコートの選手に送っていたスターターたちだ。」と。確かに、KG、Paul、RajonそしてPerkは何の違和感もなく、チアリーダーしていましたよね。KGなんていつもお決まりのひざまづく姿勢、気合入っていました。0610bench











0610rajonrayずーっとシュートの調子が悪かったRayは、それならばと中に切れ込んでリバースレイアップ決めてくれたり、ベンチメンバーを9分間ずーっと引っ張ってくれていました。DocがいかにRayを信頼しているかがよーくわかります。このQtr、出ずっぱりだったのはRayだけでした。
Rasheedは、ちょっとかわいそうでした。ファウルの半分はミスジャッジだったように私には見えました。TFにしたってなぁ、それはないんじゃないの?って思いましたよ。だけど、その後で、ドカーンとスリーを決めたアニキを久々に観ました。あれはすごくすごーく気持ちがよかった。Pistonsの頃を思い出しました。TFをもらったら、燃えるアニキのことを。Tonyがそのまま突っ込むかと思ったのですが、絶妙のタイミングでRasheedにボールを出してくれました。これこそがチームプレー。アニキは腰を強打していたので、コンディションが気になるところです。。。Gasolへのディフェンスは◎でした♪
今日のNateは調子にのるんじゃなくて、ボール回していたなぁ。オドロキでした。ようやくCelticsのバスケットをするようになってきた感じ。OdomのDirtyプレーにムカついてたのはわかんなくもないけれど、あれがOdomの手だからいちいち気にしないよーに。
タイムアウト中にRayに「Calm down!!!(と言ってたと思う)」とおこられていたのが妙におかしかったです。
TonyはKobeにしつこいくらいについてましたねぇ。それにオフェンスリバウンドもよく獲っていました。
それからこの試合のヒーローであるBaby。彼の持ち味がこの試合では充分に出ましたね。相手のブロックの餌食にならなかったし、Tonyのレイアップ後のこぼれ球をGasolと張り合いながらもぎ取って、そのあと得点+カウントにしたプレーは、よかったです。そのあとちょっと粗相がありましたが、これは愛嬌ということで、観なかったことにして下さいね。Babyのエナジーあふれるプレーがモメンタムを引き寄せたと思います。自分はプレーしながらにして、まだ交代しないの?と不思議に思っていたそうですが、しっかりDocの期待に応えてくれてよかったです。

0610ppbabyこれは個人的な思いなのですが・・・BabyがFTの第1投目を投じたときに、「あ!失敗!」って思ったものの、ボールはリムをくるくる回って、リングの中に沈んでくれたシーンがありました。私はこの時、2008年のFinalで、Paulが大事な場面でFTミスりかけたけれど、ラッキーバウンドで成功した場面を思い出しました。
ある意味、Deja Vuかなぁ?なんて、ちょっと好意的にとったりしてみました。歴史は繰り返すかも?!

この試合のPaulはやっと「らしさ」が出てきましたね。最後のステップバックしてのジャンプシュートや、インサイド突っ込んでカウントもらうレイアップなどを観ていると、「これ、これが観たかったの!!!」って思いました。
後は、Rayのシルキーショットが戻るのを待つだけ。
「Rayはリーグで素晴らしいシューターのひとりだから、俺達は、打ち続けろって彼に言ってるよ。」とPerkは言ってくれています。Rajonも「Rayが20本ミスしようとも、自分はRayにパスを出し続ける。」とコメントしてくれていました。
Rayのモメンタムはきっとまたやってくる、そう信じています。

過去に1勝3敗からチャンピオンになったチームなNBAの歴史ではないそうです。そういう意味でも、今日は勝ってくれてよかった。タイムアウトで、どうやら↓の曲がかかっていたみたい。PalaceではPistonsファンがこの曲がかかると大合唱するのを聞いたことが何度もあります♪ というのも、歌詞の中に「south Detroit」と入っているからかもしれません。

なお、この試合をSunsのDudleyが観に来ていました。彼のTwitterで、ちょっとつぶやかれていましたよ♪

Comment

ほんとにいい試合でしたね。
全員が全員役割をまっとうした感じで、ほんとにいいバスケットだったと思います。

あとオフェンスリバウンドがよく取れていたのが勝因でしょうか。
ベイビーの頑張りもよかったし、全員がリバウンドを取る意識が高かったよううに思いました。

ガソルとのマッチアップをうまくリムから遠ざけて、他の選手が積極的にリバウンドを取りに行っていたのが
バイナムが出れていなかったこともあって、うまくORが取れるようになったんじゃないかと思いました。

バイナムといえば膝はどうなんですかね?実は昨日ボストンはこのところになく冷え込んで、雨も降っていました。
これがカリフォルニアから来たバイナムの膝にダメージを与えたのかなと勝手に思っています。(天も味方した!?)

コービーは敵ながらあっぱれといった感じですね。3Qでやっと逆転したところでの3P(×2)は、こりゃ勝てないかもと一瞬いやな感じになりました。
ただその流れを断ち切ったベンチプレイヤー+レイ様に感激です。

正直すべての面でいい流れになってきていると思います。
キャプテンのらしいプレーが見れましたし、レイ様も上向きです。
なんとか王手をかけて、ロスに乗り込んでもらいたいです。

粗相ありましたね~
あれを含めてチームの勢いと思うと感慨深い(?)です。

BIG3+ロンドに目がいきがちですが、こういう風にベンチが
活躍してくれると敵地での優勝も夢ではありませんよね。

勝手な言い分ですが7戦まで見たいシリーズです。

おはようございます。
Baby凄かったですね。普段なら転げ落ちるようなボールも全部ネットの中に落ちてくれてたし、彼の熱意に運も味方してくれたかな?
Nateも短い時間ですが良い具合に貢献してくれてますね。Rajonが一息つけるのは本当にありがたい。
TAの4QのDFも良かったです。落ち着いて自分のペースでプレーすれば良い感じなんですよね・・・。
Sheed、いくつか可哀そうな笛がありましたけどあの3pは自分もすかっとしました♪DFも本当に頑張ってくれてて頼もしい限りです。ただSheedもPerkも後がないので気をつけて欲しいです。
そんな中Rayは上手いことバランス取ってくれてたと思います。TFに対してもすぐにSheedをなだめに行き、Nateに指導し、さすがのベテラン仕事です。RayのJumperが入った時の盛り上がりは尋常じゃなく皆待ってたんだなぁと思った瞬間でした♪2連休のおかげで久しぶりに打ち込み(?)出来るでしょうし、G5ではリズムを取り戻してくれると信じてます☆
彼らの活躍を見守る他のメンバーも集中してましたよね。こういうチームで闘う姿勢は本当に好きです。
非常に重要な第5戦。Stay humble & Play aggressive & Team play でいってほしいです☆

ラッセル、バードと伝統あるセルティックスのイメージとはまた違いますが、元祖やんちゃ坊主のエインジが集めたイケイケリザーバーズは見ていて楽しいですね。安定感も大事ですが、やはり危なっかしくも、そして突発的にですが興奮させてくれる選手は魅力的です。若さが純粋にバスケットを楽しませてくれます。ラシードは36歳になるんですがね…笑そしてネイトやベイビー、トニーまた年上のラシードにまで必死に声をかけ続けたレイアレンは本当に偉大な選手であると思います。ラシードが不甲斐ないKGを叱咤した、なんて話もありましたし…良いチームですね。親分のリバースは現役時代から好きですし、ネイトも好きなのでセルティックスを応援します!!!

わっくんさん☆

よかったですよねぇ~♪
私は4th Qtrを繰り返しみたのですが、何度観ても、ほろっときてしまいました。

> あとオフェンスリバウンドがよく取れていたのが勝因でしょうか。
そうでしたね!特にBaby, Tonyがよかったですねぇ~。
沢山ご説明下さってありがとうございます!
知識の足りない私にはとても助かります。

とにかく、Game 5は今シーズン最後のホームゲームですから、Happy endingがいいですよね!

Kobe、すごかったですね。
あの体勢であれだけ決めるかねぇって思いました。
Tonyがつくと封じられていたような気がしました。Rayのディフェンスは悪くはなかったと思われます。
それよりも、わっくんさんがおっしゃるように、ベンチプレーヤー+Rayの活躍が素晴らしかったですね。

> 正直すべての面でいい流れになってきていると思います。
> キャプテンのらしいプレーが見れましたし、レイ様も上向きです。
> なんとか王手をかけて、ロスに乗り込んでもらいたいです。
私も同感です。Paulの十八番のプレーが出てくると、なんだかチームに勢いがつきますよね。
ここでなんとかしてくれるだろう、っていう気持ちに確信が生まれる、みたいな感じ。
次は誰が活躍してくれるんだろう、そんな楽しみもでてきそうですね。

31Iscreamさん☆

粗相があっても、あれだけの必死さは観るファンの心を動かしてくれますよね。

> BIG3+ロンドに目がいきがちですが、こういう風にベンチが
> 活躍してくれると敵地での優勝も夢ではありませんよね。
そうですよね。RSではそういう傾向が強かったですが、PlayoffはチームとしてCelticsは機能してくれているように思います。

> 勝手な言い分ですが7戦まで見たいシリーズです。
今回のFinalは視聴率も去年よりよさそうですね。6%、上がったそうです。
http://bit.ly/aflgwZ
結構多くの方が「今年のFinalは面白い」とおっしゃっているようで、そんなシリーズに自分の応援しているチームがいることはとても嬉しいことです。

kaoruさん☆

やはり必死になってプレーしている選手には、バスケットの神様も微笑んでくれるのかもしれませんね。
Nateは、これまで自分で打ちたがるという場面が多かったですけれど、このところ、しっかりつないでくれていますよね。ちょっと成長したかな?
Rajonが休憩できたのは、本当によかったですよね。31分ほどのPTなんて、POで初めてじゃないでしょうか。
ベンチで楽しそうにKGたちと試合を観ていた姿が印象的でした。

> TAの4QのDFも良かったです。落ち着いて自分のペースでプレーすれば良い感じなんですよね・・・。
お、kaoruさんがTAを褒めてくださいましたね。
Kobeへのディフェンスは、TAが一番だと私は思っています。

> Sheed、いくつか可哀そうな笛がありましたけどあの3pは自分もすかっとしました♪
でしょー、でしょー!!!
あれが、Pistonsではお決まりのパターンだったんです。もっと派手に活躍してました(笑)

ともかくCelticsがいいチームとして、自分達のバスケットを展開してくれれば・・・
それだけです。
ファンとして、それが観たいんですよね!
Gardenでの今シーズン最後の試合が記憶に残る素晴らしい試合となりますように。

感動さん☆

コメントありがとうございます。

Celticsの歴史をひもといていただいて、ありがとうございます☆
確かにAingeが集めているだけに「イケイケリザーバーズ(ナイスなネーミングです!)」になっちゃうんですかね。
ハイリスク、ハイリターン系???

Rayのすごさは、たとえStatsに現れなくても、チームのためにいろんな役割を果たしてくれるところにありますよね~♪
その辺りをわかって下さる方は、それほど多くはなく、FG%だけで判断されるのが私としては歯がゆい限りです。

Rasheedは知らない間に超ベテランになってしまっていますが、未だにディフェンスと天才的なプレーは健在です。
久々に、彼が大舞台で役割を果たしているのを観るのは嬉しいものです。

そして、Doc Riversは素晴らしいHCですね。人間的に出来ている方だと思います。

Game 5以降もCelticsを応援して下さいね!よろしくお願いします☆

Babyの「あ、失敗!」と思われた時のあの「タコ踊り」、あれも歴史は繰り返される???、いやいや悪い歴史は繰り返さなくてもいいですかね(笑)、

イイ試合でしたね!

終盤のロンドのスティールは大きかったです。

それにしても、ラシードは相も変わらずです。
納得行かないファール・コールを受けた時の目を見開いてジェスチャーもつけながら、芸人並みのリアクション
そして、TF後に案外ビッグショットを決めてしまう図太さも含めて、やはり愛すべきキャラクターですね

ベンチメンバーの比較ですが専門家は、LALはサブもリーグトップクラスだとか言ってますが、個人的には???って感じです。

計算できるのはオドムくらいです。
PTないですが、例えばウォルトンは特殊なOFシステムを採用してるからそれなりの選手に見えてしまう。
本来、何でお前がこのリーグにまだいられるの?ってレベルです。
実際、数年前にトレードに出それる予定だったんですが、どこも欲しがらなくてLALは価値をあげる為にスタメンで使ってました。
それでも結局、どこも欲しがりませんでした。
これがウォルトンを象徴してます。

ところで、レン・バイアスやレジー・ルイスってご存知ですか?
このチームのファンなら知っておくべき2人だと思ってます!

tkさん☆

タコ踊り、はツボでしたねぇ。#8だったヒトには控えていただければと思いますが。。。(苦笑)
あれをPaulがやるとカッコイイってことになるんでしょうけれど、BabyだとFunnyですよね。
だけど、よく頑張ってくれました。ShrekとDonkey。
素晴らしいRole playerたちです。

マコさん☆

楽しんでいただけたようでよかったです。
Rajonのスティールは、試合を決定づけるのにいいところで出てくれました。
ボールがサイドラインを割るのかと思いましたが、ひろってからゴールまで速かったですね~。

> それにしても、ラシードは相も変わらずです。
> 納得行かないファール・コールを受けた時の目を見開いてジェスチャーもつけながら、芸人並みのリアクション
> そして、TF後に案外ビッグショットを決めてしまう図太さも含めて、やはり愛すべきキャラクターですね
あはは、だからこそRasheedですね。
かなりGasolとフィジカルにぶつかっているので、腰が痛そうです。エンドライン上で転がったのを含めて、3回ほどバランス崩していましたから。。。

> ウォルトン
このヒト、Finalでは観ていないような。。。?!

> ところで、レン・バイアスやレジー・ルイスってご存知ですか?
> このチームのファンなら知っておくべき2人だと思ってます!
私は、新参者なんで、お二方のことは全く知りませんでした。
さきほどウィキって、情報を入手したところです。
なんだか悲しい事実がありましたね。Biasがつけるはずだった番号を、今、Rasheedがつけているんですね。
色々ためになりました。有難うございます♪

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。