スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wait-and-see

全く悩ましい限りです。
(少し追記をしました。)

1109br_la旅行でのことは、ちょっとおいといて(ってほったらかしにしてますが…)、リクエストがありましたので、Royくんの膝の状態に少し触れておこうかと思います。
シーズンが始まってからというもの、Royくんの左ひざ下にはサポーターがつけられていました。私としては、最初から膝に何かあるんだ…という印象がありました。彼はサポーターが気になるのか、時には外したりしていたんですよね。最初の交代の時には、ベンチに座るわけではなく、ロッカールームに直行していました。なーんとなく、ネガティブなイメージしかなかったわけです。
それでも、彼はプレーを続け、それなりの数字も残していました。ただし、gasoさんご指摘のとおり、パフォーマンスが落ちていたことは否めません。膝の調子が思わしくないことで、HCにPTを減らしてくれるように直訴したりしたんですよね。Lakers戦で対戦相手のArtestは、「あれは、自分が知っているBrandon Royじゃない。」とコメントし、Royくんが背中もしくは膝に故障をかかえているのじゃないかと思ったそうです。(RonはRoyくんは今まで自分がマッチアップしたなかでも最高の選手であり、Kobeよりもいい選手だ、と評してくれています。[記事])

こうして、騙し騙しプレーをしていた訳ですが、Hornets戦で、Arizaをクロスオーバーで抜こうとしたとき、Royくんの左ひざが悲鳴をあげました。
特にArizaと接触があったわけではなく、方向転換したときにやっちゃった…って感じです。
Royくん曰く、「激しい痛みに襲われた」と。参考までにこれがそのときのシーンが入っているビデオです。

今のところはっきりしていることは、こんな感じです。
・Royくんは、マイクロフラクチャー手術(彼が考えるところの最悪のシナリオ)を受けない。
・炎症を抑える薬を飲むことで一時的な痛みを抑える。この薬はなかなか効くそうです。ただし、肝臓に負担がかかるとのことで、1ヶ月ほどの間は、これでしばらく様子見をする。
・その様子見の期間は、短くてクリスマス前までらしい。
・1st doctorによると、この関節炎とはプレーする限りは上手く付き合っていかないといけないそうです。
・セコンドオピニオンをもらった医者からは、「悪くなる可能性がなくはないが、今のところはそのような所見は見受けられない。Royくん同様に、膝の痛みを持ちながらもプレーしている選手は他にもいる。今はただ、薬を飲んで状態を見ていくしかない、手術も勧めないとのこと。

相変わらず、右足の膝はいつもどおりアイシングが欠かせません。次の試合はGrizzliesとなんですが、一応、Royくんはチームに同行しているものの、ゲームに出るかどうかは疑問視されています。

1人のファンとしては、今のところは無理させず、RudyやWesleyを使っていけばいいんじゃないかと思っています。
20日のJazz戦が終われば、すこーし次の試合までにブランクができるので、そのあたりまであえて出さなくても、とも思ったりもしています。ただ、今のところBlazersは勝てる試合を落としすぎていることもあり、チーム事情もよいとは言えず・・・本当ならばもっと貯金を出来ていないといけないんですが。
そんなこともあって、Royくんが無理を押してでもでるのかもしれなかったりしますね。
ともかく、今は、ガマン、ガマンの時期なんでしょう、きっと。嵐が過ぎてくれればいいなぁと願っています。

【追記】
・Royくんは、明日のGrizzlies戦を欠場することが決定。本人によると、「おそらく木曜日のNuggets戦で復帰だろう。」らしい。
・左手の人差し指を突き指したCambyさんと、太ももを打撲したAndreは月曜日に練習に復帰。Grizzlies戦への出場が見込まれる。よかった、よかった♪
とあるBlazersファンの投稿した記事。Royくんは「bone-on-bone」、つまり膝の軟骨がない状態であるが、どのレベルなのかはわからない。(Grade2あたりではないかという筆者は考えているらしい。)
ただし、ファンである自分たちが、Royくんのケガがどの程度なのかは知らされてない。とはいえ、筆者が言うには、もしもRoyくんの膝が「骨が骨の上に乗っかってる」状態であるならば、プレーすることはできないし、手術もしくは薬の服用を施すことになるだろうとのこと。

Comment

Royはもう元には戻れないかもですね。。Blazersにとってはまだ代わりがいるところでしょうけど、彼のような才能あふれる選手がけがで思うようにプレーできないのは、よくあることとはいえ、NBAjのファンとしてあまりにも残念です。マグレディもそうだったけど、ひざ、それも軟骨がないとかきついですね。水抜いて、薬で炎症抑えて、だましだましやっていく感じですかねぇ。くやしいなぁ。

 素晴らしい記事ですね。ここまで、細かい精度の高い情報。
 ちょっと、TEAMBlazersも心配ですね。
 れいさんのように、早くプレイオフ進出のきざしが見えるといいですね。
 でも、WESTは、今年も混戦。厳しい戦い。
 Brandon Royが欠場すると、やっぱり、勝率がかなり違うかな。

gasoさん☆

うーん、今のところではなんともいえないですね。
おっしゃるように「だましだまし、うまくつきあってく」しか方法がないことだけは、はっきりしました。
ただ、これをRoyくん自身がどう乗り越えるかですね。
そこを私は見守って行きたいと思っています。
長期、高額契約の成立した後に、こんな状態になるのは残念ではありますが、彼がフランチャイズプレーヤーである限り、プレーだけではない他の面において、Portlandに影響を与えることは大きいんじゃないかと考えています。
後は、チャンスをもらった選手がどんな働きをするのか、そこにも注目ですね。
Royくん復帰後も、彼のPTが少なくて済むような、一定の活躍ができるかどうか。。。

robinさん☆

暖かいコメント、ありがとうございます。
Blazersはマジで今シーズンのPO行きは難しいかもしれません。特に、BlazersのいるDivisionは一番レベルが高そうですからねぇ。。。
あっという間に、Div.4位になってしまいました。
昨シーズンのように、Royくんがいない時も、誰かが埋めてくれるといいなぁと思います・

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。