スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれPistons☆

昨日、やっとこさCeltics @ Pistonsの試合を観ました。
ずーっと観たかったんです。。。

1229tay【Celtics 92-104 Pistons】(ハイライト)
Pistonsが、な、な、なんとCelticsに勝ってしまった。
まぁ、RajonもKGもいなけりゃね、っていうところで世間では終わってしまいそうですが。
個人的には、Rodが胃炎でお休みでその代わりにT-Macがスターターっていうのを聞いた時に、ひょっとしたらPistonsやれるかも?かも?とちょっと妄想してみたりなんかしました。
って、アンタ、Celticsのファンでしょ、って言われそうですが・・・(汗;)
そういえば、2007-08シーズンのPO、Conf. FinalのカードはCeltics-Pistonsでした。
その時に、Pistonsファンのお友達から、「PistonsもCelticsも両方好きなんてありえない。」って言われたのをふと思い出しました。
まぁ、普通はそうなのかもしれないんですが、私の場合は、「あり得る」んですよね。逆にひとつに絞る必要もないんじゃないかと思っています。
Conf. Finalの時は、どっちかといえば、Celtics寄りでした。
この時は、Ray、KG、Paulがリングをはじめて手にできるかも?!というシチュエーションもあって、そっちを優先したわけです。
だけど、この日の試合に限っては、Pistonsに勝って欲しかった。
なので、TwitterのCelticsファンのお友達のつぶやきにのっかれない自分がいたのでした。今日だけは許してね、みたいな。

1229tracy2そうこうしている内に、KGがDunkした後に、膝を痛めて退場!っていうニュースが舞い込んでぐぁ~ん。
2シーズン前に、痛めたときと全くおんなじ状況設定でした。
ただ、少しホッとしたのは、KGが一人で歩いてロッカールームに戻ったことと、DocがKGのケガは膝ではなくて筋肉だからパニックにならないように、と試合後にコメントしていたことでした。シーズンエンドのケガだったら、あそこまでは歩けないからね。。。(Blazers関係で何度そんなシーンを見てきたことか。)
とはいえ、なにもCV31のいるPistons相手の試合で・・・なんだか因縁めいていますね。結局この試合、CV31はKGがコートを去ってから絶好調だったのです。

試合を観て思ったのが、T-Mac、いいよなぁ~♪
相変わらずチームメイトを巻き込むのが上手い。あれがRodにもできればいいんだけど、ちょっと無理か。
Rodの欠場を受けて、スターターで出ることについても、「スターターで出ようが、ベンチから出ようがそれは関係ない。」と言っていたことだった。そして、それは言葉通りであり、少し前まで1番つけてた人とは全く違う。
トレーナーのArnieのおかげで、T-Macの膝はかなり改善し、PTもこの日は30分まで伸びた。彼自身もDetroitでプレーしていることを楽しんでくれているようで、今は精神的にも肉体的にも自信がもてるようになってきており、自分がコート上でプレーしている中で徐々に改善されていることを感じているようです。そうすることを続けることによって、自分のこの先のプレーが楽しみだともコメントしていました。妙に、T-Macのジャージーが欲しくなってきた!

1229tracyあとは、Austinが短時間で効率よい活躍をしたのと、Wilcoxのプレーがオフェンス・ディフェンス面ともによかったこと。Big Benはいつもどおりにブルーカラープレイ。Shaqを相手にゴール下で頑張ってくれていましたし、Tayへのスリーをアシストしたパスなんてよかったですね☆
出だしはBGが流れを作っていたし、Ripは随所にナイスパスを出していました。
…要するにRodがいなくとも、PistonsにはPGを出来るヒトが4人もいるってことか。
T-MacにTayshaunにRipにそしてWill。Rodはとてもよい子だし、大好きなので、あんまり言いたくはないんだけれど。

一方のCelticsは前日のPacers戦の疲労がかさんだのか、集中力に酷く欠けていたプレーが多かったですね。
プラス、Pistonsなめてたでしょ、と言われてもおかしくないくらいプレーに気迫が感じられなかった。(まぁ、楽~に勝てるだろうと誰しもが思っていておかしくないはずだし…)                        【All photos by Robin Buckson / The Detroit News】
なんか、Paulが決めるしかないって展開で、いつもの観ていて楽しいCelticsのバスケットじゃなかったです。それでもPaulはTayのディフェンスをものともせず、軍孤奮闘って感じで、シュート決めてしまったり、アシストせっせとしていた彼が改めてすごいなぁと思ったのでした。
それにしても、Pacers戦で罰金食らったらしいけれど、ファウルした後で自分の噛んだガムをスタンドに投げ込んだヤツなのかなぁ、ひょっとしたら。ありゃりゃ、ですね。。。

Comment

複雑でした。

KGがすぐにいなくなって、勝てたし、T-macもすごく良かったんですけど、すごく複雑でした。
チームが押してきたPGは不在なのに、勝ってしまい、チームの方針がやっぱりどこか無理があったと証明しているようで。

そっかぁ・・・

びょんさん☆

確かにびょんさんのおっしゃること、的を得ていますねぇ。
方針に無理があったとは今はそう思うんですけれど、やはりあのときにChaunceyを手放したのは私は正しかったと今でも思っています。
やる気のないプレーヤーが中心選手ではいけないわけで・・・
Chaunceyにとっても、あれで目が覚めたと思うんです。(まぁ、今でもたまに手抜きしてますが。あは。)
Rodに掛けてみたかったんでしょうね。彼の可能性を信じて。
まぁ、結果は・・・って感じではありますが、今のチームも好きです。
Rodは次の試合に出るようなので、無理しない範囲で頑張って欲しいものですね。

たられば、ですね。

れいさんの言うとおり、僕もチョーンシーの放出に関しては残念でしたけど、賛成です。
勝ち取って満足してしまったチームを変えるには中心選手の放出も必要だったでしょう。

まぁ、何言ってもタラレバです。
T-macは今、彼にできる範囲で頑張ってくれてるし。早く球団の売却問題が一段落して欲しいです。チームも動くに動けやしない。なんかモヤモヤばかりがたまってきます。

まぁ、そうなんですけれどね。。。

びょんさん☆

おっしゃるように、早くPistonsがあの忌まわしい女性の手から離れてくれることを願うばかりです。

T-Macのキレぶりには、ニコニコです。
彼がDetroitを気に入ってくれるといいのになぁ。。。しばらくいて欲しいんですけれど、無理なのかな・・・
なかなか試合を観ることができなくて、そっちの方にフラストレーションが溜まっている今日この頃です。
Pistonsの今のロッカールームは、なんだかいい雰囲気のような気がします。
あとは勝ち星さえついてくれれば・・・ってところでしょうか。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。