スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blazers vs. Mavericks: Game 4

"It still doesn't feel real yet. Just an unbelievable game, the comeback. With everything I've been through this season, it all came into that moment there on the court, when guys were grabbing me and cheering me on. It was real special."
-- Brandon Roy

“When people ask me what did I do in the fourth quarter, I’ll tell them `I stood in the corner and watched The Brandon Roy Show.'”---Gerald Wallace


0423bench【Mavericks 82-84 Blazers】(ハイライトBlazers仕様)
試合終了のブザーが鳴った時、Pattyが一番にRoyくんのところに駆け寄った。同時にNicoが来て、3人で思いっきり喜ぶ。Pattyは自分の手に持ってたタオルでRoyくんの汗を拭いてくれてたよ♪そうしたら、Wesleyが来て、LA12が来て、Cambyさんが来て、Crashが来て、RudyもCJもBaronも… Royくんの周りに輪が出来てた。ArmonがRoyくんの左手を高々と上げ、CambyさんはRoyくんに何かずっとつぶやいてた。
やっぱりチームメイトたちも、みんなRoyくんがこうなってくれるのを待っていたんだ、そう思いました。
0423team
NicoがRoyくんに言ってたのは、
「You are the man. You're still the Brandon Roy. We're still believing you!」だったのだそうです。
Royくんが試合後のインタビューでも、みんなから「シュートを打て!外しても次も打て!信じてるから、って言われた。」って語っていました。こういう話がいっぱいでてくるからいいよね、Blazersって。
Royくんのハイライトのビデオがありましたのでどうぞ♪
 (NBA.com仕様もあった!)



0423fanこれは、ミラクルとしかいいようがない。こういう展開をAwayのチームにやられたことは、これまでに何度もあったけれど、Blazersがやる立場になろうとは。しかもPlayoffの大事な大事なゲームで。ファンの力は偉大だ。Andreがゲーム終了後のインタビューで、「(3rd Qtrが酷かったのに)少なくともブーイングされることはなかった。」と言ってたみたいに、私がどうしようもなく心が折れまくっていたときも、ずっとファンは彼らを信じておっきな声援送っていたんだよね。こちらの記事にもあるように、20,357人の観客は、3rd QtrのFG決定率が16.7%に落ち込み、23点差つけられても応援するのを止めるなかったし、席を後にするファンもいなかった。その気持ちがチームに、特にRoyくんのプレーに力を与えた。
0423fans
ずっとこれまで、ゲームメイクしていたRoyくんが、本来のGo-to-guyになった。実は、2nd QtrにPejaからハードファウルをされたRoyくんは、右手首を痛めていたように見えました。フリースローはちゃんと決めたものの、その後はずっとベンチにいることになってしまう。でも、充分休憩をとった彼は、3rd Qtrの終盤にはコートに戻り、4th Qtrも12分全て出るつもりで準備できていたのでしょう。3rd Qtr終了間際のこのスリー、よく入ってくれました。思えば、このラッキーリバウンドがツキだったかもしれません。


0423wesley4th Qtrは、少しでも点差が縮まって、あ~、3rd Qtrさえリードされていなかったらなぁって思う展開になるんだと思ってたら…18点差が13点差になり、1桁になったと思ったら、Jetのスリーでまた2桁になり、それでもRoyくんが頑張る。8点差→6点差→4点差→スリーと思ったのがラインを踏んでいて2点差→Marionにやられて4点差、そしたら、こんなことが起こったのだ。まさかの3 and 1。そして82-82の同点。こうなったらもう勝つしかない!ってか勝ちたくなってきた!! Mavsの攻撃を何とか抑えて、ビデオ判定でマイボールをもらい、Royくんがボールを持つ。Marionがひっついてくる。そして十八番のステップバックショット♪決まった!初めてのリード!84-82!Mavsの攻撃はKiddさんがスリーを狙ったものの、リングの右端に行って、Crashがしっかりリバウンドをとる。残り28秒ほどをじっくり時間を使って、Royくんのスリーは入らず、KiddさんからすぐにJetにパスされてスリーポインターが放たれる。一瞬凍りついたものの、ボールはリングにあたって跳ね返り試合終了!オーナーもみんなと勝利を喜びます♪

正直なところ、Portlandのファンの前でのプレーはこの試合がラストかも、って思いました。LA12が前半、すごく調子が悪くってAndreでもってたくらいだった。私自身も、もうLiveで観られないかもって思いました。だけど、Game 6はなんとか都合つけばLiveで観られそうだし、Rose Gardenでもう1試合出来るのが確定したことが嬉しい。

0423la_br_ajでは、他のナイスプレーも♪
LA12スティール→WesleyからCrashへのAlley-oopパス→Lays it in!
Crashのfastbreak!
とあるファンの方は、こんなチャートを作っていらっしゃいました☆

今日のレフリーは、Tony Brothers, Steve Javie, Bill Kennedyと、よくもこれだけヒドイのを3人揃えたもんで、終始???な笛が多かったけれど、最後はまともにジャッジしてくれたよーな。

そんな訳で、今朝は6時に起き、試合が終わったのが9時くらい。今日のTwitterのTLはすごかったですね~。Blazersファンでない方も中には試合をご覧になっていただいたり、応援してくださったり、えとせとら。
皆さんのあったかいTweetがありがたかったです。
これで2-2になった。Rose Gardenで、もう1試合やれることも決まった。Portlandのファンとひとつになれるチャンスがまた巡ってきた。これが長く続くといいのにな。

【おまけ】A Tweet from CP3☆ ありがと~!!!
0423cp3

Comment


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。