スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blazers vs. Mavericks: Game 3

"We had a sense of urgency. That came from everybody. It started when we took the court. The crowd was amazing. It was everything they said it would be. It was a must-win for us, and we took care of it."
--- Wesley Matthews


0421fan【Mavericks 92-97 Blazers】(ハイライトBlazers仕様)
やはりアリーナのファンとおんなじ目線で観ることのできる試合は楽しい。
加えて、Portlandのファンの素晴らしさに感動。このチームのファンであることを嬉しく思います。
ご存知のとおり、Game 2終了後、RoyくんはPTの短さやPattyよりも後に使われたことに対してなどに対して、泣きそうになりながら、不満を漏らしました。それに対してのNateのコメントは、「何がチームにとって一番いいローテーションなのかを考えての起用だ。但し、彼に対してリスペクトする気持ちがないというわけじゃない。むしろ全てにおいて、彼をリスペクトしている。自分がベンチにいるBrandonの名前を呼ぶときはいつだってチャレンジなんだから。」でした。NateとRoyくんは、しっかり2人で話し合い、その結果、試合前にRoyくんは自分がメディアに語ったことについて、謝罪しました。彼が自分のコメントで謝ったのは、今シーズンこれが2回目です。
そんな彼に同情するBlazerもいて、例えば、Crashは「彼はAll-Starなんだ。誰だってプレーしたいに決まってるよ、特にシーズンのこの時期は。」と言っていたそうです。Charles BarkleyはRoyくんに「うつむかないで、コート上で楽しむこと、そして前向きになることだ。」とテキストメッセージを送ってくれたんだとか。
0421roy2ありがとう、Sir Charles。試合解説を担当していたKevin McHaleは「3度もオールスターに選ばれているスターが、思いも寄らぬケガで活躍の場を奪われ、今やAldridgeのチームになっている。これが、33歳とかならばまだしも、彼はまだ26歳。フラストレーションがあるのも仕方ない。」という内容のことをコメントしていました。
そしてRose Gardenのファンは、一番大きな力でRoyくんの後押しをしてくれました。
あの大歓声、聞こえましたか?Royくんがベンチから出てくるときのアナウンスがあった時。Booingなんてありませんでした。男の子の声で「Let's go Brandon!」というのも聞こえてきました。歓声がウェーブ状になっていましたよね。すごくジーンと来ました。あれこそが、Blazersファンだ!そう思いました。
「ファンはすごくサポートしてくれた。僕がコートに入る前、自分のために歓声をあげてくれた。そのことがとても自分にとっては大きかった。」とRoyくんは振り返っています。
今のBlazersのロスターの中で、Playoffに出るのもままならず、ずっと負け続けた時期にいたのは、RoyくんとLA12だけです。NicoやRudyはずっとPOに出ています。負けるのが当たり前だったシーズンが長く続きました。でも、RoyくんとLA12は地元のファンをアリーナに戻すべく頑張ってきてくれていたのです。彼らはオフの時間もコミュニティーのために費やしてくれていました。そしてPlayoffに出られるようなチームまで押し上げてくれました。その原動力になったのは、Royくんに他なりません。だからこそ、Portlandのファンは、どんなことがあっても見放さないんでしょう。そんなことを感じた瞬間でした。

0421wesleyさて試合の方はというと、Wesleyがスタートダッシュをかけてくれましたねぇ。これまでのMr.1st QtrがLA12だったけれど、最近はWesleyになりつつあるかもしれません。この日は最初のシュート6本が全て入りました。(ビデオ:WesleyのFG集 with strong D)個人的には、Wesleyのスリーのフォームはなんか特徴があって好きです。Rayが美しく縦に飛んで打つのと違って、Wesleyはほとんど飛ばずに、上体の力だけでシュートを決めているように見えるんですが、一連の動作が早いんですよね。
Wesleyの活躍で大量リードを奪うものの、そこはやっぱりBlazers。すぐにMavsに追いつかれ逆転されます。その要所要所でRoyくんが点を稼いでくれたんですよね。特に彼の3rd Qtrの活躍は、「そう、このプレーが観たかったの!」オンパレードだった。
この動画でチェックしてみてください。ステップバックジャンパー、クロスオーバー、たまりませんよ♪

0421teamそしてこの試合でのキーマンだったのが、Dirkも指摘したChris Johnson(CJ)☆3rd Qtr、残り32秒からの投入でしたが、こんな短い間で彼はまずBareaのレイアップをブロックし、fastbreakでNicoが持っていくところをDirkがファウルせざるを得ないというシーンのお膳立てをしてくれました。4th Qtrになっても引き続き、CJはPTをもらいリバウンドをこつこつと獲ってくれていて、一番のビッグプレーである、Dirkをブロックしたのでした。(ビデオ:CJのブロック)たった5分そこそこでしたけれど、このCJのお仕事がLA12とCambyさんに休憩時間を与えたことは言うまでもなく、さすがはD-LeagueのDefensive Player of the Yearであるところを十分にみせてくれたと思います。インサイドが手薄なBlazersには、本当に貴重な選手だし、Nateもよくあの部分で投入してくれました。CJ投入効果は、10-2のランを生み出し、そこで作ったリードを何とか最後まで保つことが出来たとも言えます。
試合後、NateはCJの活躍を称え、Cambyさんは「Chrisが活躍してくれて嬉しい。」とコメントしました。CJは奥様と弟さんとで、IHOPというファミレスへお祝いディナーに出かけたのだそうですが、それを聞いたLA12が「え?IHOPで?本当は自分がディナーに連れて行かないといけなかったのに、悪いことした~。ステーキディナーおごんなきゃね。」と言っていたそうです。

Game 4は、日本時間日曜日の午前6時から始まります。日曜日だから、なんとかなりそう。とにかくRose Gardenのファンと一緒になっているつもりで応援します。みんながいいプレーを展開してくれますように。
そして、もっとベンチからの後押しができますように。

【おまけ】
Nico~~~のこのFadeawayもよかったね♪

Comment

まずは1勝!

アップセットを予想してたのでブレイザーズには是非ここから!、wesは相変わらず良いみたいですね~。ご指摘通りリリースがかなり早いのでチェックされてもああやって3googlesを決める事が出来るんでしょうなww

ブレイザーズつながりでこんな面白い動画を発見しました。
http://dimemag.com/2011/04/blazers-gm-rich-cho-is-a-foodie/

ちょっと珍しかったので是非☆

**************
04/24/2011, 02:31 posted

今日の試合でもそうでしたが、Rose gardenのお客さん達、素晴らしいですね。こういうファンの前でプレーできる選手は幸せでしょうね!
そしてCJ!短い間でしたが縁のあった選手が活躍してくれるのは嬉しいものです♪このまま定着してくれるといいなぁ♪

*************
04/24/2011 19:31 posted

こんなふうにアップセットの起こるプレーオフは見応えがありますよね。それはチームの実力が拮抗しているから。プロスポーツはサラリーキャップのある方が絶対に面白いと思います。

ただ、この制度には一つだけ残酷な側面がありますよね。私は「不良債権」というという言葉がどうしても好きになれません。選手は物じゃないと思うんです。でも、この制度がある限り、チームを作る上でシビアな選択が迫られますし、不要論が出てきてしまうのは仕方のないことだと思います。…分かっていながらも、そういう話題を見聞きするのはつらいです。

身体能力、技術、精神面だけでなく、怪我に強いこともスポーツ選手として必要不可欠な要素だと思います。怪我がちであるということは、プロ選手として致命的な弱点を抱えていることかもしれません。ただ、ロイに関しては、「チームへの献身の結果」でもあるのではないかと感じていました。選手の怪我に関しては、首脳陣が細心の注意を払わなければならないことだと思いますが、チーム事情がそれを許さないこともありますよね。特に昨シーズンのブレイザーズは怪我人続出で、他チームのファンでありながらも見ていて怖くなるくらいでした。

今シーズンのチームのエースは間違いなくオルドリッジ…。スランプという形ならまだしも、怪我が原因でチームに貢献できない状況は、本当にもどかしく、つらく、苦しかったのではないかと思います。試合終了後の涙には、様々な思いが凝縮されているような気がして、見ている方も胸が熱くなってきました。素晴らしい逆転劇。本当におめでとうございます!

「GAME 4」の記事にコメントするべきだとも思ったのですが、待ち切れずに失礼しました。

**************
04/24/2011 20:38 posted

やりました!

tkさん☆

アップセットですか~。どうでしょうねぇ。
とにかく、Rose Gardenでは負けたくないですね。

Wesleyのスリー好きですよ♪
それ以上に彼のDが好きです。どんな状況でも一生懸命ですから。
3gogglesは彼の出身校、Marquetteからなんですね。

動画、有難うございました。
Rich Choってさりげなくオシャレさんなので、いつも服装チェックしていまーす

*************
04/24/2011 posted

kaoruさん☆

Rose Gardenのファンは最高です。
Jail Blazersの時代から、ここまで戻すのは大変だったと思いますが、今の選手達のプレーを観ているとそうなっちゃうんでしょうね、自然と。

CJは本当ならば、Celticsに残って欲しかったのですが、Aingeさんが切ってくれたおかげでBlazersは再度彼をゲットすることができました。
彼のプレーは値千金でした☆

***************
04/24/2011 posted

梓さん☆

なかなかサラリーキャップがあっても、お金のあるチームは、全然問題としませんよね。。。
確かに、その制度がある限り、シビアにいかないといけない状況もあるわけで、やり手の代理人を得て、高額契約をものにした選手にはリスクもつきまとったりしますよね。

Royくんに関しては、今シーズンから始まった長期契約のことで色々といわれたりするものの、ルーキーの頃から知っているファンには、梓さんのおっしゃるように「チームへの献身の結果」がこれまでどれだけあったかが、よく解っていると思われます。
LA12は今年輝いたものの、去年のPOでSunsに負けたとき、どれだけたたかれたことか…
それをバネにして、夏の間トレーニングした結果がやっと今シーズンでました。
もともと彼はドラフト2位ですから、今の活躍のポテンシャルはあったわけです♪

次の記事にも書いちゃいましたが、Royくんへのチームメイトの信頼は揺るいでなさそうです。
さらに強くなったかもしれませんね。
応援、ありがとうございました!

************
04/24/2011 posted

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。