スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11 Review: Part 2

お次はCeltics。

正直なところ、「残念な」シーズンになってしまいました。
去年のFinalのGame 7のショックを元に、なんとかリベンジを期待していたのですが、実際はかなりかけ離れてしまったような気がしました。
今シーズンはDanny Aingeのやることが裏目に出てしまった、そんな印象が強いです。まぁ、もともと手腕的にはどうかとも思っていますが。。。
私の中では、PerkをThunderに出してしまった時点で、「Championになるのは難しい」という感じでした。
PerkはThunderに延長契約をしてもらえたものの、観ていてhappyそうではなかったように思えました。やっぱりThunderはNick Collisonの存在感が大きいという気がします。でも、来シーズンはPerkの活躍を祈りたいと思います。
Perkを失ったCelticsは、Krsticがチームにフィットしているように見えたものの、Jermaineが戻ってからは彼の出場機会も激減し、POでのPTは本当に少ないものでした。ロシアで来季はプレーするみたいですね。少しの間でしたけれど、Celticとして頑張ってくれたことに対してとても感謝しています。
PlayoffのCelticsの試合は、残念ながら数えるほどしか観ていません。1st Roundのみの数試合です。2nd Roundに至っては1試合も観ていません。ちょうどこの頃は体調が悪かったのもあって、観戦できる体力と時間の余裕がありませんでした。
もう少し粘ってくれるかと思いましたが、Rajonの肩のケガが大きかったですね。NBA通の友人は「KGの衰え」を指摘してくれました。的確なコメントだと思います。
残念な形で終了してしまった2010-11シーズンですが、Ray, KG, そしてPaulの3人が一緒にいられるのは恐らく来シーズンで最後になるんじゃないかと覚悟しています。Rayは相変わらずトレードのウワサに上っていますが、DocがHCである限りは、絶対にないだろうと私は信じきっています。Celticで彼のキャリアが終わることを願いつつも、まだまだ3・4年はプレーいていて欲しいと思います。あとは、Jeff Greenの成長を期待しつつ、彼とRajonが次世代を担うCelticに…という青写真を描いています。

このシーズンはCelticsにとって2つの大きな記録が達成されました。
1.Paulの20,000得点達成! (11月3日、Bucks戦)
 この記録がこの試合で達成されたのは、実を言うとRayのFTミスがきっかけ。
 彼がしっかりFTを決めていれば、OTにならずにすっきり勝てた試合でした。
 ところが、OTになるまで大人しかったPaulが、OTでは大暴れ。
 FTを決めて、記録達成の瞬間がGardenに訪れた、という訳です。
 しかも、この試合、私はGardenにいたのですよね~♪
 この巡りあわせにとても大感激でした☆

2.Rayのスリーポインター成功数、新記録樹立! (2月10日、Lakers戦)
 残念ながらGardenで観ることはできなかったものの、しっかりライブで観ることができました。
 2004年のシーズンからずーっと応援したRayですが、いつかきっとReggieの記録を破る日が来る、そう思っていました。
 忘れられないのは、2005-06シーズンの最終戦で、269個目のスリーを達成した時。
 これで、Reggieの記録をRayが更新することになる、っていう確信ができたのです。
 トレードを経て、チャンピオンになり、そしてCelticとして偉大な記録を打ち立てた。
 来シーズンも彼のプレーを中心に、Celticsを注目していきたい、そう思っています。

最後に、その歴史的な瞬間を・・・☆


【今シーズン観たCelticsの試合】
November 3, 2010 vs. Bucks 105-102 (OT):なんといっても、この試合はPaulが20000得点達成した記念すべきゲーム。OTサマサマでした。
November 5, 2010 vs. Bulls 110-105 (OT):2試合連続OTだなんて。Rayがさいこーにかっこよかった♪

Comment

久しぶりのコメント1発目

久々の投稿楽しみにしていました!もう最近ツイッターばっか(ry…(人の事言える立場ではないっすね、失礼!)、毎度素晴らしい記事です!。

さてセルティックス、自分も今季はまぁこれくらいかな?って感じで見てましたので優勝は遠かったかなと、ただPPの2万点に加えRayの新記録と個人記録に関してはいくつか達成したのでこれはこれでOKですね!、出来ればRajonにアシスト王になってもらいたかった。

まだ来季について確定していないので大げさな事は言えないのですが、やはりセルティックスとしては今後何とかしなきゃいけないのはセンターのポジション、つまりPerkの穴をどう埋めるかでしょうか?、FA市場に出そうなチャンドラー、デアンドレ、ガソル(RFAみたいですが)などのビッグマン獲得は流石に難しいかな?と思うので同じくFAのダレンベアやプリジビラあたりなんかと2年契約あたりが出来ればベストかも!、やはりディフェンシブなインサイドが欲しい所っすね~。

ありがとうございます、1回目

tkさん☆

コメントありがとうございます。
この記事を書くのに、かなり気持ちの余裕が必要でした。
やはり残念な結果だと、書こうとするモチベーションも下がるもので…(苦笑)
Twitterは、そんなにつぶやいてもいないですが、Blogに比べれば、ってところでしょうか。
会社の行き帰りに電車の中で時間をつぶすにはいいツールって感覚です。

ご指摘のとおり、優勝するチームではなかったですね。
私もRajonのアシスト王は期待していたのですが、Shaqの力は大きかったんだなぁ、って今更ながらに思います。
とはいうものの、Celticsのバスケットは好きですね。まず、Docが好き、プレーヤーが好き、TD Gardenの雰囲気が好き(品があるとは決していえませんが。)です。

Perkの穴は、そんなに簡単に埋め合わせできるものでもないですし、今年のドラフトPickの評価は意外に高かったですから、ルーキーを育てていって欲しいものですね。
おっしゃるように、SamやJoelはいいですねぇ。
タイプは全然違うけど、おもしろそうです♪

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

Clocks

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Blazers (157)
Celtics (136)
Pistons (67)
NBA (131)
Other Team/NBA (111)
NBA Arena (1)
Red Wings (7)
WNBA (47)
Lynx (5)
Detroit Shock (13)
MLB/Baseball (14)
Tigers (3)
Other Sports (23)
Travel (26)
2011 Summer Visit (10)
2012 Winter Visit (6)
MISC (86)
Art/Museum (8)
Gourmet (15)
Music (4)
FIBA (17)

Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Link

以前の記事はこちら (goo blog)

Bookmark (Alphabetical)

Archive

Profile

れい

Author:れい

Sponge Bob

Counter

RSS Link

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。